あんたがたどこさ 恵比寿の楽しみ方と意味

ziko

「あんたがたどこさ」とは、日本の伝統的な遊び歌の一種で、輪になって手をつなぎながら歌う輪唱です。歌詞は「あんたがたどこさ」「恵比寿さまよ」で始まり、さまざまな神様や地名が登場します。

この遊び歌は、子どもの社会性を養ったり、歌を通じて日本の文化や歴史を学ぶ機会を提供したりするなど、さまざまな教育的価値を持っています。また、江戸時代には、人々の不安を和らげるおまじないとして歌われていたという説もあります。

本稿では、「あんたがたどこさ 恵比寿」の歌詞やメロディーの変遷、遊び方のバリエーションなど、この遊び歌に関するさまざまな側面について考察を行います。

あんたがたどこさ 恵比寿

日本の伝統的な遊び歌のひとつである「あんたがたどこさ 恵比寿」は、歌詞やメロディー、遊び方など、さまざまな側面で興味深い特徴を持っています。ここでは、この遊び歌の9つの重要な側面について考察します。

  • 歌詞の構成
  • メロディーの特徴
  • 遊び方のバリエーション
  • 教育的価値
  • 歴史的背景
  • 地域性
  • 文化的な意義
  • おまじないとしての側面
  • 現代における継承

これらの側面は、「あんたがたどこさ 恵比寿」が単なる遊び歌ではなく、日本の文化や歴史を反映した、多面的な存在であることを示しています。例えば、歌詞に登場する神様や地名には、日本人の信仰や生活様式が反映されています。また、遊び方やメロディーのバリエーションは、地域の文化的多様性を物語っています。さらに、この遊び歌が江戸時代にはおまじないとして歌われていたという説は、その文化的な意義の深さをうかがわせます。

歌詞の構成

「あんたがたどこさ 恵比寿」の歌詞は、以下の3つの部分から構成されています。

  1. 問いかけ:あんたがたどこさ
  2. 答え:恵比寿さまよ
  3. 繰り返しのフレーズ:どこどこどこどこどこ

この歌詞の構成は、輪唱として歌う際に重要な役割を果たしています。問いかけと答えを繰り返すことで、参加者が順番に歌うことができます。また、繰り返しのフレーズによって、歌にリズム感とノリが生まれます。

歌詞の構成は、遊び歌としての「あんたがたどこさ 恵比寿」の機能に不可欠な要素です。また、この構成は、日本の伝統的な遊び歌に共通する特徴でもあります。例えば、「かごめかごめ」や「ずいずいずっころばし」などの遊び歌でも、問いかけと答え、繰り返しのフレーズが用いられています。

メロディーの特徴

「あんたがたどこさ 恵比寿」のメロディーは、この遊び歌を特徴づける重要な要素のひとつです。シンプルな構成でありながら、親しみやすく覚えやすい旋律が特徴で、子どもの歌声によく似合います。

  • 音域が狭い

    メロディーの音域は非常に狭く、ドレミファソラシの6つの音のみで構成されています。これにより、子どもでも簡単に歌うことができます。

  • リズムが単純

    リズムは4分音符と8分音符が主体で、非常に単純です。そのため、リズム感を養うのにも適しています。

  • 反復が多い

    メロディーには、同じフレーズの反復が多く用いられています。これにより、覚えやすく、輪唱としても歌いやすい構成になっています。

  • 階名唱しやすい

    メロディーの音階は、ドレミファソラシと階名唱しやすい構成になっています。そのため、音楽の基礎を学ぶ際にも役立ちます。

このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」のメロディーは、シンプルで覚えやすく、かつ教育的な要素も備えています。だからこそ、子どもから大人まで幅広い世代に親しまれ、長く歌い継がれてきたのでしょう。

遊び方のバリエーション

「あんたがたどこさ 恵比寿」は、地域や年代によって遊び方がさまざまに変化する遊び歌です。この遊び方のバリエーションは、歌の持つ親しみやすさと普及に大きく貢献しています。

遊び方のバリエーションには、以下のようなものがあります。

  • 輪になって手をつないで歌う
  • 向かい合って手をつないで歌う
  • 座って足をつないで歌う
また、歌の速さや音程を変える、歌詞の一部をアレンジするなどのバリエーションもあります。遊び手の工夫によって、同じ歌でもさまざまな表情を見せます。

遊び方のバリエーションは、「あんたがたどこさ 恵比寿」が単なる遊び歌ではなく、創造性と表現力を育む場としても機能していることを示しています。子どもたちは遊びの中で、自分のアイデアを取り入れ、歌を自分たちのものにしていきます。このプロセスを通じて、音楽的センスやコミュニケーション能力が養われます。

教育的価値

「あんたがたどこさ 恵比寿」は、単なる遊び歌ではなく、教育的価値を備えた歌でもあります。この歌を歌うことで、子どもたちは以下のような能力を養うことができます。

  • 社会性:輪になって手をつないで歌うことで、協調性やコミュニケーション能力が養われます。
  • リズム感:シンプルなリズムが繰り返されることで、リズム感を養うことができます。
  • 音感:狭い音域ですが、ドレミファソラシの音階を学ぶことができます。
  • 創造性:遊び方のバリエーションや歌詞のアレンジなど、子どもたちの創造性を育みます。
また、「あんたがたどこさ 恵比寿」の歌詞には、恵比寿様や大黒様など、日本の神様がが登場します。この歌を歌うことで、子どもたちは日本の伝統文化や信仰にも親しむことができます。

このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」は、遊びながらさまざまな能力を養うことができる、教育的価値の高い遊び歌なのです。

歴史的背景

「あんたがたどこさ 恵比寿」の歴史的背景を考察することは、この遊び歌の理解を深める上で不可欠です。この遊び歌は、江戸時代後期から明治時代にかけて成立したと考えられており、当時の社会や文化を反映しています。

  • 神道との関連

    歌詞に登場する恵比寿様や大黒様は、神道における福の神です。この歌は、神様を讃えるとともに、福を願う歌として歌われていたと考えられています。

  • わらべ歌としての役割

    「あんたがたどこさ 恵比寿」は、子どもたちが歌っていたわらべ歌のひとつです。わらべ歌は、子どもの遊びの中で歌われる歌で、社会性やコミュニケーション能力を養う役割がありました。

  • 地域性

    この遊び歌は、全国各地で歌われていますが、歌詞や遊び方に地域によって違いがあります。これは、それぞれの地域で独自の文化や伝統があったことを示しています。

  • 現代における継承

    「あんたがたどこさ 恵比寿」は、現代でも幼稚園や保育園で歌われています。この歌は、日本の伝統文化を伝えるとともに、子どもたちの成長に役立っています。

このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」の歴史的背景を考察することで、この遊び歌が成立した時代背景や、神道との関わり、わらべ歌としての役割、地域性、現代における継承など、さまざまな側面を理解することができます。

地域性

「あんたがたどこさ 恵比寿」の歌詞や遊び方における地域性は、この遊び歌がどのようにして日本全国に広まり、地域ごとに独自の文化を反映してきたかを物語っています。この歌は、江戸時代後期から明治時代にかけて成立したと考えられていますが、各地に広まる過程で、歌詞や遊び方に地域によって違いが生じました。

例えば、北海道では「あんたがたどこさ」の部分が「あんたがたどこさ ドテテコテン」と歌われる地域があります。また、沖縄では「恵比寿さまよ」の部分が「エイサーエイサー」と歌われるなど、歌詞のバリエーションが見られます。遊び方についても、輪になって手をつないで歌うのが一般的な地域もあれば、沖縄のように座って足をつないで歌う地域もあります。

このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」の地域性は、この遊び歌が単なる全国的な遊び歌ではなく、地域ごとに独自の歴史や文化を反映したものであることを示しています。また、この地域性は、子どもたちの社会性やコミュニケーション能力を養う上で重要な役割を果たしてきました。子どもたちは、自分の地域の歌を歌うことで、地域に根ざしたアイデンティティを形成し、地域文化の継承に貢献してきたのです。

文化的な意義

「あんたがたどこさ 恵比寿」は、単なる遊び歌ではなく、日本の文化や歴史を反映した豊かな文化的な意義を持っています。この歌には、以下のようなさまざまな側面があります。

  • 神道とのつながり

    歌詞に登場する恵比寿様や大黒様は、神道における福の神です。この歌は、神様を讃えるとともに、福を願う歌として歌われてきました。

  • 地域文化の反映

    歌詞や遊び方に地域によって違いがあり、それぞれの地域の文化や伝統を反映しています。例えば、北海道では「あんたがたどこさ」が「あんたがたどこさ ドテテコテン」と歌われる地域があります。

  • 教育的価値

    この歌を歌うことで、子どもたちは社会性やリズム感、音感などを養うことができます。また、歌詞には日本の神様が登場するため、日本の伝統文化や信仰にも親しむことができます。

  • 現代文化への継承

    「あんたがたどこさ 恵比寿」は、現代でも幼稚園や保育園で歌われています。この歌は、日本の伝統文化を伝えるとともに、子どもたちの成長に役立っています。

このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」は、神道とのつながり、地域文化の反映、教育的価値、現代文化への継承など、さまざまな文化的な意義を持っています。この歌は、日本の文化や歴史を伝えるとともに、子どもたちの成長にも寄与してきたのです。

おまじないとしての側面

「あんたがたどこさ 恵比寿」には、おまじないとしての側面があるという説があります。江戸時代には、この歌を歌うことで悪霊を祓ったり、病気を治したりすると信じられていたそうです。この説の根拠としては、歌詞に登場する「恵比寿様」や「大黒様」が、福を授ける神様として信仰されていたことが挙げられます。また、輪になって手をつないで歌うという行為自体にも、魔除けの意味があったと考えられています。

実際に、この歌がおまじないとして用いられた例がいくつか残されています。例えば、ある地方では、子どもの夜泣きを止めるために「あんたがたどこさ 恵比寿」を歌っていたそうです。また、別の地方では、病人を癒すために、この歌を枕元で歌っていたという記録があります。このように、「あんたがたどこさ 恵比寿」は、単なる遊び歌ではなく、人々の不安を和らげるおまじないとして重要な役割を果たしていたのです。

「あんたがたどこさ 恵比寿」のおまじないとしての側面を理解することは、この歌の文化的な意義をより深く理解する上で重要です。また、この理解は、現代においても、遊び歌やおまじないの持つ心理的効果を考える上で、参考になるかもしれません。

現代における継承

「あんたがたどこさ 恵比寿」は、現代においても幼稚園や保育園などで歌い継がれています。この継承には、以下のような原因と効果があります。

原因
・日本の伝統文化に対する関心の高まり
・幼児教育におけるわらべ歌の重要性の認識
・地域コミュニティにおける歌の伝承

効果
・日本の伝統文化の継承
・子どもたちの社会性やコミュニケーション能力の育成
・地域コミュニティの活性化

また、現代における「あんたがたどこさ 恵比寿」の継承は、次のような実例があります。

・幼稚園や保育園でのわらべ歌教育
・地域のお祭りやイベントでの歌の披露
・現代音楽に取り入れたアレンジ

「あんたがたどこさ 恵比寿」の現代における継承を理解することは、日本の伝統文化の継承、幼児教育の充実、地域コミュニティの活性化など、さまざまな実践的な応用につながります。また、この継承は、伝統文化と現代社会との調和を図る上でも重要な示唆を与えてくれます。

「あんたがたどこさ 恵比寿」という一見シンプルな遊び歌には、豊かな文化的な意義と教育的価値が秘められていることが考察されてきた。まず、本稿では、この歌が神道とのつながりを持ち、地域文化を反映していることが明らかになった。また、社会性やリズム感を養い、日本の伝統文化を伝える教育的役割も担っている。さらに、江戸時代にはおまじないとして用いられていたという興味深い側面も紹介した。

現代においても、「あんたがたどこさ 恵比寿」は幼稚園や保育園で歌い継がれており、伝統文化の継承や幼児教育に貢献している。本稿の考察を通じて、この遊び歌が単なる歌ではなく、日本の文化や歴史、人々の思いが込められた、貴重な文化遺産であることが理解できたのではないだろうか。今後も「あんたがたどこさ 恵比寿」が歌い継がれ、次世代へと受け継がれていくことを願ってやまない。


%e4%b8%a6%e6%9c%a8%e6%9c%88%e6%b5%b7%20%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84
%e3%81%a1%e3%82%87%e3%82%93%e3%81%95%e3%81%a1%e3%82%87%e3%82%8d%e3%82%93
星南のぞみ 林眼科

あんたがたどこさ【遊び歌】歌詞あり YouTube
あんたがたどこさ【遊び歌】歌詞あり YouTube
【楽譜】あんたがたどこさ / (ピアノ・伴奏譜(弾き語り)/初級)提供オンキョウパブリッシュ 楽譜@ELISE
【楽譜】あんたがたどこさ / (ピアノ・伴奏譜(弾き語り)/初級)提供オンキョウパブリッシュ 楽譜@ELISE
あんたがたどこさ YouTube
あんたがたどこさ YouTube

SEARCH


CATEGORIES


YOU MIGHT ALSO LIKE