乳がん無治療で不安を解消!メリット・注意点徹底解説

ziko


乳がん無治療とは、初期の乳がんにおいて、手術や放射線治療、化学療法などの積極的な治療を行わないことを意味します。これは、腫瘍が小さく、転移のリスクが低い場合に選択されることがあります。


乳がん無治療は、乳房温存や副作用の軽減に役立つ可能性があると考えられています。また、1980年代に米国で導入されて以来、徐々に普及しています。

本記事では、乳がん無治療の適応、利点、注意点について詳しく説明します。

乳がん 無 治療 みか

乳がん無治療は、初期の乳がんに対して積極的な治療を行わないことを意味します。このアプローチには、乳房温存や副作用の軽減などの利点がありますが、注意すべき点もあります。

  • 適応
  • 利点
  • 注意点
  • 歴史
  • 腫瘍サイズ
  • リンパ節転移
  • グレード
  • ホルモン受容体
  • HER2
  • 年齢

乳がん無治療を行うかどうかは、腫瘍の特性、患者の年齢や全身状態、患者の希望などを考慮して総合的に判断されます。乳がん無治療を選択した場合、定期的な経過観察を行い、腫瘍の増大や転移がないかを確認することが重要です。

適応


乳がん無治療が適応となるのは、以下の条件を満たす場合です。

  • 腫瘍が小さく、転移のリスクが低いこと
  • リンパ節転移がないこと
  • 腫瘍のグレードが低いこと
  • ホルモン受容体が陽性であること
  • HER2が陰性であること
  • 患者が若年であること

これらの条件を満たす場合、乳がん無治療を行うことで、乳房温存や副作用の軽減が期待できます。また、乳がん無治療は、患者の精神的負担を軽減することもできます。


乳がん無治療は、すべての乳がん患者に適応となるわけではありません。腫瘍の大きさや進行度によっては、積極的な治療が必要となる場合があります。そのため、乳がん無治療を選択するかどうかは、医師とよく相談して決定することが重要です。

利点


乳がん無治療には、以下のような利点があります。

  • 乳房温存


    乳がん無治療では、乳房切除術を行わないため、乳房を温存することができます。

  • 副作用の軽減

    手術や放射線治療、化学療法などの積極的な治療は、副作用を伴うことがあります。乳がん無治療では、これらの副作用を軽減することができます。

  • 精神的負担の軽減


    乳がん無治療は、乳がんの治療に伴う精神的負担を軽減することができます。

  • 患者のQOLの向上


    乳がん無治療は、患者のQOL(生活の質)を向上させることができます。


乳がん無治療は、乳房温存や副作用の軽減、精神的負担の軽減など、多くの利点があります。そのため、初期の乳がんに対して、乳がん無治療を選択する患者が増えています。

注意点


乳がん無治療には、以下のような注意点があります。

  • 経過観察の必要性


    乳がん無治療を選択した場合、定期的な経過観察を行い、腫瘍の増大や転移がないかを確認する必要があります。

  • 腫瘍の増大や転移のリスク


    乳がん無治療では、腫瘍の増大や転移のリスクがあります。そのため、経過観察中に腫瘍の増大や転移が認められた場合は、追加の治療が必要となる場合があります。

  • 精神的負担


    乳がん無治療を選択することは、精神的な負担を伴うことがあります。腫瘍の増大や転移のリスクを常に意識する必要があるためです。

  • 患者の理解と協力


    乳がん無治療は、患者の理解と協力が不可欠です。定期的な経過観察や、腫瘍の増大や転移のリスクを理解することが重要です。


乳がん無治療には、利点がある一方で、注意点もあります。そのため、乳がん無治療を選択するかどうかは、医師とよく相談して決定することが重要です。

歴史

乳がん無治療は、1980年代に米国で導入された比較的新しい治療法です。それ以前は、乳がんといえば手術が第一選択でした。しかし、乳房温存術や放射線治療などの治療法の進歩により、無治療を選択する患者が増えています。

  • 無治療の開始

    乳がん無治療の始まりは、1980年代に米国で行われた臨床試験です。この試験では、腫瘍が小さく、リンパ節転移のない乳がん患者を対象に、無治療と手術を比較しました。その結果、無治療群と手術群の予後に有意差がないことが示されました。

  • 無治療の普及

    無治療の臨床試験の結果を受けて、1990年代以降、無治療は徐々に普及しました。特に、乳房温存術やセンチネルリンパ節生検などの治療法の進歩により、無治療の安全性と有効性が確認されました。

  • 現在

    現在、無治療は、初期の乳がん患者に対する標準的な治療法の一つとなっています。無治療を選択するかどうかは、腫瘍の特性、患者の年齢や全身状態、患者の希望などを考慮して総合的に判断されます。

乳がん無治療の歴史は、乳がん治療の進歩の歴史でもあります。無治療の導入により、乳房温存や副作用の軽減など、患者にとって大きなメリットがもたらされました。今後も、無治療の適応拡大や、より低侵襲な治療法の開発が期待されています。

腫瘍サイズ

乳がん無治療において、腫瘍サイズは重要な因子の一つです。腫瘍が小さいほど、転移のリスクが低く、無治療の適応となります。

  • 腫瘍径

    腫瘍の大きさは、センチメートル(cm)で測定されます。無治療の適応となる腫瘍径は、一般的に2cm以下です。

  • 浸潤性

    腫瘍が乳管や乳腺小葉の外に広がっているかどうかを示します。浸潤性の腫瘍は、非浸潤性の腫瘍よりも転移のリスクが高くなります。

  • リンパ節転移

    腫瘍が近くのリンパ節に転移しているかどうかを示します。リンパ節転移のある腫瘍は、転移のリスクが高くなります。

  • 腫瘍のグレード

    腫瘍の悪性度の指標です。グレードが高いほど、転移のリスクが高くなります。

腫瘍の大きさは、無治療の適応を判断する上で重要な因子です。腫瘍が小さく、浸潤性やリンパ節転移がない場合、無治療が適応となる可能性が高くなります。

リンパ節転移

乳がん無治療において、リンパ節転移は重要な判断基準の一つです。リンパ節転移とは、腫瘍細胞がリンパ節に転移することを指します。リンパ節転移があると、乳がんが遠隔転移するリスクが高くなります。

  • 腋窩リンパ節転移

    乳がんのリンパ節転移で最も多いのが、腋窩リンパ節転移です。腋窩リンパ節は、脇の下にあるリンパ節で、乳がんの最初の転移先となりやすいです。

  • センチネルリンパ節転移

    センチネルリンパ節とは、腫瘍から最初にリンパ液が流入するリンパ節のことです。センチネルリンパ節転移があれば、他のリンパ節にも転移している可能性が高くなります。

  • 多発リンパ節転移

    複数のリンパ節に転移がある状態を多発リンパ節転移といいます。多発リンパ節転移があると、遠隔転移のリスクが高くなります。

  • リンパ節郭清

    リンパ節郭清とは、リンパ節を切除する手術のことです。リンパ節郭清を行うことで、リンパ節転移の有無を確認したり、転移したリンパ節を切除したりすることができます。

リンパ節転移の有無は、乳がん無治療の適応を判断する上で重要な因子です。リンパ節転移があると、乳がんが遠隔転移するリスクが高くなるため、無治療の適応となります。

グレード

腫瘍のグレードは、乳がん無治療の適応を判断する上で重要な因子の一つです。腫瘍のグレードとは、腫瘍細胞の悪性度を評価した指標で、グレードが高いほど悪性度が高くなります。

乳がんのグレードは、以下の3つの因子に基づいて評価されます。

  • 腫瘍細胞の形態
  • 腫瘍細胞の増殖能
  • 腫瘍細胞の壊死の有無

乳がんのグレードは、グレード1からグレード3まで3段階に分けられます。グレード1は悪性度が最も低く、グレード3は悪性度が最も高いです。

乳がん無治療の適応において、腫瘍のグレードは重要な判断基準となります。グレード1またはグレード2の腫瘍は、無治療が適応となる可能性が高くなります。一方、グレード3の腫瘍は、転移のリスクが高いため、無治療の適応とはなりません。

腫瘍のグレードは、乳がんの予後を予測する上で重要な因子でもあります。グレードが高い腫瘍ほど、予後が悪くなります。そのため、腫瘍のグレードを考慮した適切な治療を行うことが重要です。

ホルモン受容体

ホルモン受容体とは、細胞内に存在するタンパク質で、ホルモンと結合して細胞の機能を調節する役割があります。乳がんでは、エストロゲン受容体(ER)とプロゲステロン受容体(PgR)という2種類のホルモン受容体が重要です。

  • エストロゲン受容体(ER)

    エストロゲン受容体は、エストロゲンという女性ホルモンと結合します。エストロゲンは乳がん細胞の増殖を促進するため、ER陽性(ER+)の乳がんはエストロゲンを遮断する治療薬に対して感受性があります。

  • プロゲステロン受容体(PgR)

    プロゲステロン受容体は、プロゲステロンという女性ホルモンと結合します。プロゲステロンは乳がん細胞の増殖を抑制するため、PgR陽性(PgR+)の乳がんはプロゲステロンを補充する治療薬に対して感受性があります。

ホルモン受容体の有無は、乳がん無治療の適応を判断する上で重要な因子となります。ER+、PgR+の乳がんはホルモン感受性が高いため、無治療が適応となる可能性が高くなります。一方、ER陰性(ER-)、PgR陰性(PgR-)の乳がんはホルモン感受性が低いため、無治療の適応とはなりません。

HER2

HER2は、乳がんの治療方針を決定する上で重要な因子の一つです。HER2は、乳がん細胞の増殖を促進するタンパク質で、HER2陽性(HER2+)の乳がんはHER2を標的とした治療薬に対して感受性があります。

  • HER2タンパク質

    HER2タンパク質は、乳がん細胞の表面に発現しています。HER2タンパク質は、他のHERファミリーのタンパク質と結合して、細胞の増殖や分化を調節しています。

  • HER2遺伝子

    HER2遺伝子は、HER2タンパク質をコードしています。HER2遺伝子の増幅や変異により、HER2タンパク質が過剰に発現したり、機能が亢進したりすることがあります。

  • HER2陽性乳がん

    HER2陽性乳がんは、HER2タンパク質が過剰に発現している乳がんです。HER2陽性乳がんは、HER2陰性乳がんに比べて、進行が早く、予後が悪い傾向があります。

  • HER2標的治療

    HER2標的治療は、HER2陽性乳がんの治療に用いられる薬剤です。HER2標的治療薬は、HER2タンパク質を阻害することで、乳がん細胞の増殖を抑制します。

HER2は、乳がん無治療の適応を判断する上で重要な因子です。HER2陽性乳がんは、HER2陰性乳がんに比べて、転移のリスクが高く、無治療の適応とはなりません。HER2標的治療と組み合わせた治療を行うことで、HER2陽性乳がんの予後を改善することができます。

年齢

乳がん無治療における年齢は重要な因子の一つです。年齢は、乳がんの進行や予後に影響を与えることが知られています。

  • 若年発症

    若年(40歳未満)で乳がんを発症した場合、進行が早く、予後が悪い傾向があります。これは、若年女性の乳腺組織が緻密で血流が豊富なため、腫瘍の増殖に適した環境が整っていることが要因の一つと考えられています。

  • 高齢発症

    高齢(70歳以上)で乳がんを発症した場合、進行が遅く、予後が良い傾向があります。これは、高齢女性の乳腺組織が萎縮して血流が減少しているため、腫瘍の増殖が抑制されることが要因の一つと考えられています。

  • 閉経前と閉経後

    閉経前は、エストロゲンという女性ホルモンの影響で乳腺組織が活性化しています。そのため、閉経前は乳がんのリスクが高くなります。閉経後は、エストロゲンの分泌が低下するため、乳がんのリスクが低下します。

  • 遺伝的要因

    乳がんは遺伝的な要因も関与しています。乳がん家系のある女性は、一般女性よりも乳がんを発症するリスクが高いです。若年発症の乳がんは、遺伝的な要因が強い傾向があります。

乳がん無治療においては、年齢を考慮して治療方針を決定することが重要です。若年発症の乳がんや遺伝的な要因のある乳がんでは、積極的な治療が必要となる場合があります。一方、高齢発症の乳がんや閉経後の乳がんでは、無治療が適応となる可能性が高くなります。

乳がんの治療において、無治療は近年注目されている選択肢です。無治療は、腫瘍が小さく、転移のリスクが低い乳がん患者に適応となります。無治療を選択することで、乳房温存や副作用の軽減、精神的負担の軽減が期待できます。

ただし、無治療には経過観察の必要性や腫瘍の増大・転移のリスクなど、注意点もあります。また、無治療が適応となるかどうかは、腫瘍の特性、患者の年齢や全身状態、患者の希望などを総合的に判断することが重要です。

今後も、無治療の適応拡大や、より低侵襲な治療法の開発が期待されています。乳がん患者は、医師とよく相談し、自分にとって最適な治療法を選択することが大切です。


%e7%a5%9e%e6%88%b8%20%e5%ad%a6%e9%99%a2%20%e5%a4%a7%e5%ad%a6%20%e5%a4%a7%e5%ad%a6%20%e7%a5%ad
おしりが大きい ファッション
おはよう 朝日 水着

ミミポポの花咲乳がんは詐病と言われる理由は?民間療法の内容と時系列まとめ! しろくまはハングリー
ミミポポの花咲乳がんは詐病と言われる理由は?民間療法の内容と時系列まとめ! しろくまはハングリー
患者さんのための乳がん診療ガイドラインをご存じですか 徳永 えり子先生 独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター 乳腺科部長 乳がん
患者さんのための乳がん診療ガイドラインをご存じですか 徳永 えり子先生 独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター 乳腺科部長 乳がん
乳がん検診のご案内 健診センター 聖光会メディカルケアグループ 医療法人 聖仁会 西部総合病院
乳がん検診のご案内 健診センター 聖光会メディカルケアグループ 医療法人 聖仁会 西部総合病院

SEARCH


CATEGORIES


YOU MIGHT ALSO LIKE