年歴占術で自分の未来を占ってみよう!

ziko


年暦占術とは、生年月日や生まれた時間から性格や運命を占う占術です。出生時の天体配置をもとに占う西洋占星術とは異なり、年暦占術では生まれた年の干支から占います。例えば、1988年生まれなら「戊辰」の年生まれになります。


年暦占術は古くから親しまれてきた占術で、性格や相性の判断、人生の吉凶を占うのに役立てられてきました。また、年暦占術は干支の巡りから運勢を予測できるため、相性占いや結婚相手選びなどにも利用されています。

この記事では、年暦占術の仕組みや占う方法、活用法などについて詳しく解説します。

年暦占術

年暦占術は、生年月日をもとに性格や運命を占う占術です。出生時の天体配置をもとに占う西洋占星術とは異なり、年暦占術では生まれた年の干支から占います。年暦占術の重要な側面には以下のようなものがあります。

  • 干支
  • 五行
  • 十干
  • 十二支
  • 運勢
  • 相性
  • 吉凶

年暦占術では、これらの側面を組み合わせて、個人の性格や運命を判断します。干支は生まれ年の組み合わせによって決まり、五行は干支に対応する属性を表します。十干と十二支はそれぞれ10種類と12種類あり、組み合わせによって60種類の干支が作られます。運勢は干支の巡りから予測され、相性は干支の組み合わせによって判断されます。吉凶は暦上の吉日や凶日を指し、暦は年暦占術において重要な役割を果たします。

干支

年暦占術において、干支は非常に重要な要素です。生まれ年の組み合わせによって決まるもので、性格や運命を判断するのに役立てられます。

  • 十干

    甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10種類があり、それぞれに五行が割り当てられています。

  • 十二支

    子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類があり、それぞれに動物が割り当てられています。

  • 干支の組み合わせ

    十干と十二支を組み合わせることで60種類の干支ができます。この組み合わせにより、その年の運勢や性格が判断されます。

  • 生まれ年の干支

    生まれた年の干支は、その人の性格や運命に大きな影響を与えるとされています。自分の生まれ年の干支を知ることで、自分の性格や運勢をある程度把握することができます。

干支は年暦占術における基本的な要素であり、その組み合わせによってさまざまな性格や運命が判断されます。自分の生まれ年の干支を知ることで、自分自身のことをより深く理解することができます。

五行

年暦占術において、五行は重要な概念です。全てのものは五行のいずれかに属し、その属性によって性格や運命が決まるとされています。


  • 成長、発展、創造性を司ります。穏やかで思いやりのある性格で、芸術や自然を好む傾向があります。


  • 情熱、行動力、リーダーシップを司ります。明るく社交的な性格で、人々を惹きつけるカリスマ性を持っています。


  • 安定、誠実、勤勉さを司ります。現実的で地に足のついた性格で、コツコツと努力を重ねることを好みます。


  • 正義、決断力、潔癖さを司ります。クールで論理的な性格で、物事を合理的に判断する傾向があります。


  • 知性、感受性、順応性を司ります。柔軟で想像力豊かな性格で、芸術やスピリチュアルなことに興味を持つ傾向があります。

年暦占術では、生まれ年の干支の五行からその人の性格や運勢を判断します。また、五行の相生相剋の関係から、相性や吉凶も占うことができます。

十干

ねん れき せんじゅつにおいて、十干は重要な要素です。生まれ年の干支を構成する十干から、その人の性格や運命を判断します。

  • 五行

    十干にはそれぞれ五行が割り当てられています。五行とは木、火、土、金、水のことで、その属性が性格や運命に影響を与えるとされています。

  • 相生相剋

    十干は五行の相生相剋の関係にあります。相生とは互いに生み出す関係、相剋とは互いに打ち消す関係のことです。この関係から、相性や吉凶を占うことができます。

  • 運勢

    十干は運勢を判断する要素でもあります。生まれ年の十干から、その年の運勢を予測することができます。

  • 性格

    十干は性格を判断する要素でもあります。生まれ年の十干から、その人の性格をある程度把握することができます。

十干はねん れき せんじゅつにおいて、性格や運命を判断する上で重要な役割を果たしています。十干と五行の関係、相生相剋の関係、運勢や性格との関係を理解することで、ねん れき せんじゅつをより深く理解することができます。

十二支

ねん れき せんじゅつにおいて、「十二支」は欠かせない要素です。生まれ年の干支を構成する十二支から、その人の性格や運命を判断します。

十二支は子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類あり、それぞれに動物が割り当てられています。この動物は、その年の特徴や性格を表していると考えられています。例えば、子年はネズミの特徴である機敏さや知恵を表し、午年は馬の特徴である行動力やリーダーシップを表します。

ねん れき せんじゅつでは、生まれ年の十二支からその人の性格や運勢を判断します。また、十二支の組み合わせから相性や吉凶を占うこともできます。例えば、子年生まれの人は機敏で知恵があり、午年生まれの人は行動的でリーダーシップがあります。また、子年と午年は相性が良いとされています。

十二支はねん れき せんじゅつにおいて、非常に重要な要素です。十二支からその人の性格や運勢を判断することで、自分自身をより深く理解することができます。また、十二支の組み合わせから相性や吉凶を占うことで、人間関係や人生の選択に役立てることができます。

運勢

ねん れき せんじゅつにおいて、運勢は重要な要素です。生まれ年の干支から、その人の運勢を判断します。運勢とは、その人が一生涯にわたって受ける吉凶のことです。ねん れき せんじゅつでは、その人の運勢が、生まれ年の干支によって決まるとされています。

運勢は、その人の性格や行動に影響を与えます。例えば、生まれ年の干支が「甲子」の人は、運勢が強く、リーダーシップがあり、成功しやすいと言われています。逆に、「辛丑」の人は、運勢が弱く、苦労が多いと言われています。しかし、運勢は絶対的なものではなく、その人の努力や行動によって変えることができます。

ねん れき せんじゅつでは、運勢を判断することで、その人がどのような人生を歩むのかをある程度予測することができます。また、運勢を判断することで、その人がどのようなことに注意すべきなのか、どのようなことに挑戦すべきなのかを知ることができます。ねん れき せんじゅつを上手に活用することで、自分自身の人生をより良いものにすることができます。

相性

ねん れき せんじゅつにおいて、相性は重要な要素です。生まれ年の干支から、その人の相性を見ることで、人間関係や結婚相手との関係性を判断することができます。

  • 性格の相性

    生まれ年の干支から判断される性格から、相性を見ることができます。例えば、穏やかな性格の人は、同じように穏やかな性格の人と相性が良いとされています。

  • 運勢の相性

    生まれ年の干支から判断される運勢から、相性を見ることができます。例えば、運勢の強い人と運勢の弱い人は、相性が良いとされています。

  • 五行の相性

    生まれ年の干支から判断される五行から、相性を見ることができます。例えば、木と火は相性が良いとされています。

  • 十二支の相性

    生まれ年の干支から判断される十二支から、相性を見ることができます。例えば、子と丑は相性が良いとされています。

ねん れき せんじゅつで相性を見ることで、人間関係や結婚相手との関係性をより良くすることができます。相性の良い相手と出会うことで、より幸せな人生を送ることができます。

吉凶

「ねん れき せんじゅつ」において「吉凶」とは、その人の一生涯にわたって受ける幸運と不運のことです。ねん れき せんじゅつでは、生まれ年の干支から吉凶を判断します。吉凶はねん れき せんじゅつの重要な要素であり、その人の性格や運命を左右します。

ねん れき せんじゅつでは、吉凶は五行のバランスによって決まるとされています。五行とは、木、火、土、金、水のことで、それぞれに吉凶があります。例えば、木は吉とされ、火は凶とされています。生まれ年の干支の五行がバランス良く揃っていれば吉となり、バランスが悪ければ凶となります。

吉凶はねん れき せんじゅつにおいて、その人の一生涯にわたる運勢を判断する上で重要な役割を果たします。吉凶を知ることで、その人がどのような人生を歩むのかをある程度予測することができます。また、吉凶を知ることで、その人がどのようなことに注意すべきなのか、どのようなことに挑戦すべきなのかを知ることができます。ねん れき せんじゅつを上手に活用することで、自分自身の人生をより良いものにすることができます。

ねん れき せんじゅつにおいて、「暦」は欠かせない要素です。暦とは、日時の経過を記したもので、ねん れき せんじゅつでは、生まれた日の暦からその人の性格や運命を判断します。暦には、その日の干支、五行、十二支などが記載されており、これらの情報からその人の運勢を占うことができます。

ねん れき せんじゅつでは、暦は単なる日時の経過を記したものではなく、その日の天地の運行を表したものと考えられています。天地の運行は、その日の吉凶や運勢に影響を与えるとされており、暦からその日の天地の運行を知ることで、その人の性格や運命を判断することができます。

例えば、ねん れき せんじゅつでは、「甲子」の日は縁起の良い日とされています。甲子とは干支の一つで、この日には新しいことを始めたり、重要な決断を下したりすると良いとされています。また、「庚申」の日は凶の日とされており、この日には大きな買い物や旅行を避けたり、あまり重要なことはしないようにしたりすると良いとされています。

暦の知識は、ねん れき せんじゅつにおいて非常に重要な要素であり、暦からその日の天地の運行を知り、自分の行動をそれに合わせることで、より良い人生を送ることができます。

ねん れき せんじゅつは、古来より日本に伝わる伝統的な占術です。生まれ年の干支からその人の性格や運命を判断し、人間関係や結婚相手との相性、吉凶を占うことができます。ねん れき せんじゅつは単なる占いではなく、天地の運行を理解し、それに基づいて行動することで、より良い人生を送るための指針を得ることができます。

ねん れき せんじゅつの重要なポイントは、以下の3つです。
1. 生まれ年の干支がその人の性格や運命に大きな影響を与える。
2. 五行のバランスが吉凶を左右する。
3. 暦は天地の運行を表しており、暦からその日の吉凶を知ることができる。

ねん れき せんじゅつは、私たちが自分自身をより深く理解し、より良い人生を送るためのツールです。ねん れき せんじゅつの知識を活かし、自分自身と向き合い、より良い未来を創造していきましょう。

Go%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%20%e5%a4%8f%e9%9f%b3%e6%9f%9a%20%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%9f%e7%90%86%e7%94%b1
明星 大学 硬式 野球 部
たんぽぽあだぷしょんぱあく

せんねん灸の奇跡の使い方 YouTube
せんねん灸の奇跡の使い方 YouTube
【せんねん灸のやり方】2021年最新版!基本の使い方を鍼灸師が徹底解説 YouTube
【せんねん灸のやり方】2021年最新版!基本の使い方を鍼灸師が徹底解説 YouTube
【お灸のある暮らし】せんねん灸を使ったはじめてのお灸教室|大阪 大阪でアトピー・頭痛・自律神経の不調ならオルソ鍼灸院
【お灸のある暮らし】せんねん灸を使ったはじめてのお灸教室|大阪 大阪でアトピー・頭痛・自律神経の不調ならオルソ鍼灸院

SEARCH


CATEGORIES


YOU MIGHT ALSO LIKE