似合わせカットで小顔&垢抜け!上手な美容師選びのポイント

ziko


似合わせカット 上手いとは、顧客に似合うヘアスタイルを正確にカットできる理美容師の技術のことです。例えば、顔の形や髪質、ライフスタイルに合わせて、最適な長さや形、レイヤーをカットします。


似合わせカット 上手い技術は、自分の魅力を最大限に引き出したい方にとって重要です。顔の形に合ったヘアスタイルは、小顔効果や若返り効果が期待できます。また、髪質やライフスタイルに合ったヘアスタイルは、スタイリングが簡単で、ダメージを最小限に抑えることができます。歴史上、ヘアカット技術は常に進化してきましたが、近年では、一人ひとりの顧客に合わせた似合わせカットが重視されるようになりました。

本記事では、似合わせカットを上手にできる理美容師の探し方や、自分でできる似合わせセルフカットの方法について解説します。

似合わせカット上手い

似合わせカットが上手いとは、以下の8つの要素を考慮して、顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供できることです。

  • 顔の形
  • 髪質
  • ライフスタイル
  • 骨格
  • クセ
  • 好み
  • 髪の長さ
  • 毛量

これらの要素を総合的に判断することで、小顔効果や若返り効果が期待できる、スタイリングが簡単でダメージを最小限に抑えられる、顧客の魅力を最大限に引き出すヘアスタイルを生み出すことができます。

顔の形

似合わせカット 上手いためには、顧客の顔の形を考慮することが不可欠です。顔の形は、ヘアスタイルの印象を大きく左右します。例えば、丸顔の人は、縦長効果のあるヘアスタイルが似合います。逆に、面長の人は、横幅を広げるようなヘアスタイルが似合います。

  • 顔の長さ
    顔の長さは、縦の長さを基準に判断します。長い、普通、短いなどに分類できます。
  • 顔の幅
    顔の幅は、頬骨の幅を基準に判断します。広い、普通、狭いなどに分類できます。
  • 輪郭
    輪郭は、顔の輪郭の形を指します。丸顔、面長、ベース型、卵型などに分類できます。
  • パーツの位置
    パーツの位置は、目、鼻、口などのパーツの位置関係を指します。例えば、目が離れている、鼻が低い、口が大きいなどがあります。

これらの要素を総合的に判断することで、顧客一人ひとりに最適な ヘアスタイル を提供することができます。

髪質

髪質は、似合わせカットの上手い理美容師が考慮すべき重要な要素の一つです。髪質によって、似合うヘアスタイルやカットの仕方が変わってくるからです。

  • 髪質の種類
    髪質は、直毛、縮毛、波状毛、くせ毛などに分類できます。それぞれの髪質には、適したカット方法があります。
  • 髪の太さ
    髪の太さは、細い、普通、太いなどに分類できます。髪の太さによって、似合うヘアスタイルが変わってきます。
  • 髪の量
    髪の量は、多い、普通、少ないなどに分類できます。髪の量によって、似合うヘアスタイルが変わってきます。
  • 髪のダメージ
    髪のダメージ度合いによって、似合うヘアスタイルが変わってきます。ダメージが大きい髪は、短くカットしたり、パーマをかけたりすることが難しくなります。

これらの髪質の要素を総合的に判断することで、理美容師は顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。

ライフスタイル

似合わせカットにおいて、顧客のライフスタイルを考慮することは重要です。髪型はライフスタイルによって大きく影響を受け、最適なヘアスタイルはライフスタイルに合わせて調整する必要があるからです。

  • 職業
    職業によって、適切なヘアスタイルは異なります。例えば、営業職は清潔感のある短髪が好まれ、芸術家には個性的な長髪が似合うかもしれません。
  • 趣味
    趣味によっても、似合う髪型は変わってきます。例えば、スポーツをする人はアクティブで動きやすい髪型が好まれ、ダンスをする人は華やかな髪型が似合うかもしれません。
  • 服装の好み
    服装の好みも、髪型に影響します。例えば、カジュアルな服装を好む人はラフで動きのある髪型が好まれ、フォーマルな服装を好む人は洗練された髪型が似合うかもしれません。
  • ライフステージ
    ライフステージによっても、似合う髪型は異なります。例えば、学生はアクティブで動きやすい髪型が好まれ、主婦は家事育児に支障のない髪型が好まれるかもしれません。

これらのライフスタイルの要素を総合的に判断することで、理美容師は顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。

骨格

似合わせカットにおいて、骨格を考慮することは重要です。骨格は顔や体の基本的な構造であり、ヘアスタイルの似合い方に大きく影響します。

  • 頭の形
    頭の形には、丸形、面長、ベース型などがあります。頭の形によって、似合うヘアスタイルが異なります。
  • 顔の幅
    顔の幅には、広い、普通、狭いなどがあります。顔の幅によって、似合うヘアスタイルが異なります。
  • エラ
    エラの張り出し具合によって、似合うヘアスタイルが異なります。エラが張っている人は、エラをカバーするようなヘアスタイルが似合います。
  • 首の長さ
    首の長さによって、似合うヘアスタイルが異なります。首が短い人は、首を長く見せるようなヘアスタイルが似合います。

これらの骨格の要素を総合的に判断することで、理美容師は顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。

クセ

クセとは、髪の毛が自然にうねる、縮れる、波打つなどの状態のことです。クセは、髪質に含まれるタンパク質であるケラチンの構造異常が原因で起こります。ケラチンは、本来規則正しく並んでいるのですが、クセ毛の場合はこの並びが乱れています。クセの種類は、大きく分けて直毛、波状毛、縮毛の3つに分類されます。

似合わせカットにおいて、クセは重要な要素の一つです。クセを無視してカットしてしまうと、髪が膨らんだり、まとまらなくなったりする可能性があります。そのため、似合わせカットの上手い理美容師は、顧客のクセを考慮してカットを行います。クセに合ったカットをすることで、髪が自然に収まり、スタイリングがしやすいヘアスタイルになります。

例えば、クセが強い人は、レイヤーを入れたり、段差をつけたりすることで、ボリュームを抑え、まとまりやすくすることができます。逆に、直毛の人は、パーマをかけたり、カールをつけたりすることで、動きのあるヘアスタイルにすることができます。このように、クセを考慮した似合わせカットを行うことで、一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。

好み

似合わせカットにおいて、「好み」は重要な要素の一つです。好みを無視してカットしてしまうと、顧客が満足できるヘアスタイルにならない可能性があります。そのため、似合わせカットの上手い理美容師は、顧客の好みを丁寧にヒアリングし、その上で似合うヘアスタイルを提案します。

好みは、髪の長さ、色、質感、スタイルなど、さまざまな要素があります。例えば、髪の長さについては、ショート、ミディアム、ロングなどがあります。髪の色については、黒、茶色、金髪などがあります。髪質については、直毛、波状毛、縮毛などがあります。髪型については、ボブ、ショートレイヤー、ロングレイヤーなどがあります。

似合わせカットの上手い理美容師は、顧客の好みを考慮しながら、似合うヘアスタイルを提案します。例えば、丸顔の顧客には、縦長効果のあるボブスタイルを提案したり、面長のお客様には、横幅を広げるようなショートレイヤーを提案したりします。また、クセ毛の顧客には、クセを生かしたカットを提案したり、直毛の顧客には、パーマをかけて動きのあるヘアスタイルを提案したりします。

このように、好みは似合わせカットにおいて重要な要素です。似合わせカットの上手い理美容師は、顧客の好みを丁寧にヒアリングし、その上で似合うヘアスタイルを提案します。これにより、顧客は満足できるヘアスタイルを得ることができます。

髪の長さ

似合わせカットにおいて、髪の長さは重要な要素の一つです。髪の長さは、顔の形や骨格、髪質、ライフスタイルに合わせて最適に調整することで、顧客の魅力を最大限に引き出すことができます。

  • 小顔効果

    短い髪型は、顔の面積を小さく見せる小顔効果があります。丸顔や面長などの顔の形をカバーするのにも有効です。

  • ボリューム調節

    髪の長さによって、髪のボリュームを調節することができます。ボリュームを抑えたい場合はショートヘアやミディアムヘアが適しており、ボリュームを出したい場合はロングヘアが適しています。

  • スタイリングのしやすさ

    髪の長さによって、スタイリングのしやすさも変わります。短い髪はスタイリングが簡単ですが、ロングヘアはスタイリングに時間がかかる場合があります。また、髪質によってもスタイリングのしやすさが変わります。

  • ライフスタイルとの兼ね合い

    ライフスタイルによって、適した髪の長さが変わります。例えば、仕事で髪を結ぶことが多い場合は、ショートヘアやミディアムヘアの方が適しています。逆に、日常的に髪を下ろしている場合は、ロングヘアの方が適しています。

このように、髪の長さは似合わせカットにおいて重要な要素です。似合わせカットの上手い理美容師は、顧客の顔の形、骨格、髪質、ライフスタイルに合わせて、最適な髪の長さを提案します。それにより、顧客の魅力を最大限に引き出すヘアスタイルを提供することができます。

毛量

似合わせカットにおいて、毛量は重要な要素の一つです。毛量を考慮することで、顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。

  • ボリューム

    髪にボリュームがあるかどうかは、似合うヘアスタイルに影響します。ボリュームがある髪は、縦長効果のあるヘアスタイルが似合います。逆に、ボリュームがない髪は、横幅を広げるようなヘアスタイルが似合います。


  • 髪の質も、毛量に関係します。細い髪はボリュームが出にくく、太い髪はボリュームが出やすいです。髪質に合わせて、似合うヘアスタイルを提案する必要があります。

  • 長さ

    髪の毛の長さも、毛量に影響します。長い髪は重みでボリュームが抑えられ、短い髪は軽さからボリュームが出やすくなります。髪の長さと毛量を考慮して、バランスのとれたヘアスタイルを提案する必要があります。

  • スタイリング

    毛量は、スタイリングにも影響します。ボリュームがある髪は、スタイリングがしやすいですが、ボリュームがない髪は、スタイリングが難しい場合があります。毛量に合わせて、スタイリング方法をアドバイスする必要があります。

このように、毛量は似合わせカットにおいて重要な要素です。毛量を考慮することで、顧客一人ひとりに最適なヘアスタイルを提供することができます。


似合わせカット 上手いとは、顧客一人ひとりの顔の形、骨格、髪質、ライフスタイルに合わせて最適なヘアスタイルを提供できる技術のことです。似合わせカットを行うには、美容師が顧客の髪質、毛量、クセ、好みを考慮することが重要です。また、顔の形や骨格を考慮することで、小顔効果や若返り効果が期待できるヘアスタイルを生み出すことができます。


似合わせカット 上手い美容師を見つける際には、口コミや実績を参考にすることが大切です。また、自分の顔の形や髪質に合ったヘアスタイルを提案してくれる美容師に相談することもポイントです。似合わせカットを行うことで、自分の魅力を最大限に引き出し、自分に自信を持つことができます。ぜひ、似合わせカットに挑戦してみてはいかがでしょうか。


%e3%82%82%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%82%8f%e5%8b%95%e7%89%a9%e7%97%85%e9%99%a2
%e5%8d%83%e8%91%89%e5%a4%a7%e5%ad%a6%20%e7%a1%ac%e5%bc%8f%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e9%83%a8
%e5%85%ab%e5%b9%a1%e3%81%ae%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%bd%e3%82%93

【VIE/石田康博】ショート・ボブが得意 似合わせカットが上手い 初めての方も安心して行ける美容院|VIE 青山/表参道(ヴィー アオヤマ
【VIE/石田康博】ショート・ボブが得意 似合わせカットが上手い 初めての方も安心して行ける美容院|VIE 青山/表参道(ヴィー アオヤマ
【イメチェンのヘアカット動画】30cmバッサリカットして大人ボブに / 似合わせカットが上手い東京の美容師 YouTube
【イメチェンのヘアカット動画】30cmバッサリカットして大人ボブに / 似合わせカットが上手い東京の美容師 YouTube
松山市で似合わせカットが上手い美容室・サロンの紹介 マチハック松山版
松山市で似合わせカットが上手い美容室・サロンの紹介 マチハック松山版

SEARCH


CATEGORIES


YOU MIGHT ALSO LIKE