「切りっぱなしボブ」の外ハネを簡単に作る方法とコツ

ziko

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン とは、毛先をまっすぐにカットした ボブ に、毛先を外側にハネさせたスタイルのこと。髪全体にストレートアイロンでプレスして、毛先にカールをつける。

このスタイルは、モード感があり、クールでスタイリッシュな印象を与える。また、スタイリングが簡単で、朝の忙しい時間でも簡単に仕上げられるのがメリット。 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、近年人気のスタイルで、多くの芸能人も取り入れている。

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン の歴史は古く、1960年代に流行した 「マッシュルームカット」 がその原型とされている。当時、 ビートルズ のメンバーが マッシュルームカット をしていたことから、世界的なブームとなった。

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、近年人気のヘアスタイルです。このスタイルをマスターするには、以下の 10 のポイントが重要です。

  • 髪質
  • 顔型
  • 長さ
  • レイヤー
  • スタイリング剤
  • アイロンの温度
  • アイロンの角度
  • ブローの仕方
  • 仕上げのワックス
  • お手入れ方法

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、髪質や顔型によって似合う長さとレイヤーが異なります。また、スタイリング剤やアイロンの温度、角度によっても仕上がりが変わります。ブローの仕方や仕上げのワックスによっても、より洗練されたスタイルになります。お手入れ方法をしっかり行うことで、美しいスタイルを長く保つことができます。

髪質

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、髪質によって似合う長さとレイヤーが異なります。髪質が硬く太い人は、長めの切りっぱなしボブでレイヤーを少なめに入れると、重厚感のあるスタイリッシュなスタイルになります。髪質が柔らかく細い人は、短めの切りっぱなしボブでレイヤーを多めに入れると、軽やかで動きのあるスタイルになります。

髪質が傷んでいる人は、 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン をスタイリングする前に、必ずアウトバストリートメントを使用して髪の毛を保護しましょう。また、アイロンの温度は低めに設定し、アイロンをかける際は毛束を細く取りましょう。スタイリング剤はしっとりタイプのものを使用すると、髪のパサつきを抑えることができます。

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、髪質によって仕上がりや持ちが異なります。自分の髪質に合ったスタイルとスタイリング方法を理解することで、美しい 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン を楽しむことができます。

顔型

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン は、顔型によって似合う長さとレイヤーが異なります。自分の顔型を知り、それに合ったスタイルを選ぶことが重要です。

  • 卵型

    卵型は、バランスのとれた理想的な顔型です。どんな 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン も似合いますが、特にあごのラインに沿ったボブがおすすめです。

  • 丸顔

    丸顔は、頬骨が張っていてあごが丸い顔型です。縦のラインを強調する切りっぱなしボブがおすすめです。前髪を作ると、丸い印象を和らげることができます。

  • 面長

    面長は、縦長の顔型です。横のラインを強調する切りっぱなしボブがおすすめです。前髪を作ると、縦の長さをカバーできます。

  • ベース型

    ベース型は、あごが張っていてエラが張っている顔型です。あごのラインをカバーする長めの切りっぱなしボブがおすすめです。前髪を横に流すと、エラを目立たなくできます。

自分の顔型に合った 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン を選ぶことで、より洗練された印象になります。また、顔のコンプレックスをカバーすることもできます。

長さ

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン における 長さ は、全体の印象を左右する重要な要素です。長さによって、雰囲気やスタイリングのしやすさが大きく変わります。

  • 毛先の軽さ

    長さが短ければ短いほど、毛先は軽くなります。軽やかな毛先は、動きのあるスタイリングが可能になり、エアリーで爽やかな印象になります。

  • 重厚感

    長さが長ければ長いほど、毛先は重くなります。重厚感のある毛先は、落ち着いたスタイリングが可能になり、モードでスタイリッシュな印象になります。

  • 小顔効果

    長さが短めの切りっぱなしボブは、小顔効果があります。あごのラインをカバーすることで、顔を小さく見せることができます。

  • スタイリングのしやすさ

    長さが短いほど、スタイリングが簡単になります。ブローやアイロンでスタイリングしやすいので、朝の忙しい時間でも簡単にセットできます。

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン の長さは、自分の好みやライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。長さによって印象やスタイリングのしやすさが変わるので、自分に合った長さを探してみましょう。

レイヤー

『 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン 』 において 『 レイヤー 』 とは、髪の長さに段階的に差をつける技法のことです。レイヤーを入れることで、髪に動きや軽さを出すことができ、スタイリングの幅が広がります。

  • 表面のレイヤー

    表面の髪にのみレイヤーを入れることで、毛先に動きが出て軽やかな印象になります。スタイリングも簡単で、朝の忙しい時間でもさっとセットできます。

  • 中間レイヤー

    髪の中間部分にレイヤーを入れることで、髪にボリュームが出て華やかな印象になります。毛先の外ハネもより強調され、モードでスタイリッシュな雰囲気になります。

  • 内側のレイヤー

    髪の内側だけにレイヤーを入れることで、髪に軽さと通気性が出ます。重たい印象になりすぎず、暑い季節にも快適に過ごせます。

  • 顔周りのレイヤー

    顔周りの髪にレイヤーを入れることで、小顔効果が期待できます。また、前髪とのつながりがよくなり、より自然な印象になります。

レイヤーの入れ方や量によって、 『 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン 』 の印象は大きく変わります。自分の好みに合わせてレイヤーを入れることで、より自分らしいスタイルを楽しむことができます。

スタイリング剤

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン において、 スタイリング剤 は欠かせないアイテムです。 スタイリング剤 を使用することで、髪に動きやニュアンスを加え、より洗練されたスタイルに仕上げることができます。

スタイリング剤 には、ムース、ワックス、ジェルなどさまざまな種類があります。それぞれの特徴や用途を理解して使い分けることで、理想的なスタイルをキープできます。例えば、ムースは髪にボリュームを出したいときに、ワックスは毛束感を強調したいときに、ジェルは髪を固めてキープしたいときに使用します。

切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン をスタイリングする際は、適量の スタイリング剤 を髪全体に馴染ませ、その後アイロンでスタイリングします。アイロンの熱によって スタイリング剤 が活性化し、髪にしっかりとホールド感を与えます。毛先を外ハネにする際には、ワックスやジェルを毛先を中心に揉み込むと、よりシャープでキープ力のある外ハネになります。

スタイリング剤 を上手に使用することで、 切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン をより魅力的に仕上げることができます。自分の髪質や好みに合った スタイリング剤 を見つけて、理想のヘアスタイルを楽しみましょう。

アイロンの温度

"切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" において、アイロンの温度は、仕上がりの質や髪へのダメージに大きく影響します。適切な温度設定を行うことで、理想的なスタイルを叶えながら髪へのダメージを最小限に抑えることができます。ここでは、アイロンの温度に関する重要なポイントをいくつかご紹介します。

  • 適温の範囲

    髪質やスタイリング剤の種類にもよりますが、一般的に "切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" に適したアイロンの温度は、160~180℃程度です。この温度帯では、髪にダメージを与えずにスタイリングすることができます。

  • 髪質による違い

    髪質によって適温は異なります。細く柔らかい髪は低めの温度で、太く硬い髪は高めの温度でスタイリングするのがおすすめです。

  • スタイリング剤との兼ね合い

    スタイリング剤の種類によっても適温は変わります。ワックスやジェルなど、熱で固まるタイプのスタイリング剤を使用する場合は、低めの温度でアイロンをかけるようにしましょう。

  • ダメージヘアへの配慮

    ダメージヘアは、熱に弱くなっています。アイロンを使用する際は、必ず低めの温度設定にし、アイロンを髪に当てすぎないように注意しましょう。

アイロンの温度を適切に設定することは、 "切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" の仕上がりと髪へのダメージを左右する重要なポイントです。自分の髪質やスタイリング剤の種類に合った適温を見極め、美しい髪を保ちながら理想のヘアスタイルを楽しみましょう。

アイロンの角度

"切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" において、アイロンの角度は仕上がりの質や印象を大きく左右する重要な要素です。アイロンの角度を意識してスタイリングすることで、理想的な外ハネスタイルを叶えることができます。

アイロンの角度と外ハネの具合は、密接に関係しています。アイロンを垂直に当てると、真っ直ぐな外ハネになりますが、アイロンを斜めに当てると、より自然な外ハネになります。また、アイロンを毛先に向かって滑らせる角度によっても、外ハネの強さが変わります。例えば、アイロンを強く滑らせると、シャープな外ハネになり、逆に軽く滑らせると、緩やかな外ハネになります。

実際のスタイリングでは、毛束を細かく取り、アイロンを毛先に向かって斜めに滑らせます。毛先の部分でアイロンを少しだけ内側に巻き込むようにすると、より自然で柔らかな外ハネになります。また、顔周りの髪はアイロンを縦に当てて真っ直ぐにスタイリングすると、小顔効果が期待できます。

アイロンの角度をマスターすることで、自分好みの外ハネスタイルを自在に作り出すことができます。スタイリング剤との組み合わせや髪の状態に合わせて、最適な角度を見極め、理想的な "切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" を楽しみましょう。

ブローの仕方

"切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" において、「ブローの仕方」は、最終的な仕上がりに大きく影響する重要なプロセスです。適切なブローを行うことで、髪の毛流れを整え、外ハネをより美しくキープすることができます。

  • ドライヤーの方向

    ブローの際は、ドライヤーを髪の毛の流れに沿って上向きに当てます。これにより、髪のキューティクルが整い、ツヤが出てまとまりのある髪になります。

  • ブラシの選び方

    ブローには、猪毛やナイロン製のブラシを使用します。猪毛ブラシは髪に自然なツヤを与え、ナイロンブラシは髪をとかしやすいのが特徴です。

  • テンションのかけ方

    ブロー中は、ブラシに適度なテンションをかけます。テンションが強すぎると髪が切れてしまうので注意しましょう。

  • 冷風の活用

    ブローの最後に冷風を当てると、髪が冷えてスタイルがキープされます。また、キューティクルを引き締める効果もあります。

これらのポイントを意識してブローを行うことで、「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」をより美しく仕上げることができます。また、ブローの仕方によって、外ハネの強さや毛先の動きを調整することも可能です。自分の好みに合わせて、最適なブロー方法を見つけてみましょう。

仕上げのワックス

"切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン" において、「仕上げのワックス」は、スタイリングを完成させ、外ハネをキープするために不可欠なアイテムです。適切なワックスを使用することで、髪に動きとニュアンスを加え、より洗練されたスタイルに仕上げることができます。

  • ホールド力

    ワックスのホールド力は、外ハネのキープ力に影響します。ハードワックスは強いホールド力があり、外ハネを長時間キープできます。ソフトワックスはナチュラルなホールド力があり、動きのある外ハネが楽しめます。

  • ツヤ感

    ワックスには、ツヤ感のあるタイプとマットなタイプがあります。ツヤ感のあるワックスは、髪にツヤを与え、ゴージャスな印象になります。マットなワックスは、ナチュラルな質感で、カジュアルな印象になります。

  • 束感

    ワックスを使用することで、髪に束感を加えることができます。束感のある外ハネは、エッジの効いたスタイリッシュな印象になります。束感の強弱は、ワックスの量やスタイリングの仕方で調整できます。

  • 毛先の動き

    ワックスを毛先を中心に揉み込むことで、毛先に動きを出すことができます。ランダムな動きのある外ハネは、エアリーで軽やかな印象になります。毛先をシャープにまとめることで、クールでモードな印象になります。

これらの要素を考慮して、「仕上げのワックス」を選ぶことで、理想的な「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」を完成させることができます。ワックスを上手に活用して、自分好みの外ハネスタイルを楽しみましょう。

お手入れ方法

「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」を美しく保つためには、「お手入れ方法」が重要です。適切なお手入れを行うことで、髪のダメージを防ぎ、外ハネスタイルを長持ちさせることができます。

髪のダメージを防ぐには、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア剤を適切に使用することが大切です。ダメージヘアは切れやすく、外ハネスタイルをキープするのが難しくなります。また、ドライヤーやアイロンなどの熱ツールを使用する際は、必ずヒートプロテクトスプレーを使用しましょう。ヒートプロテクトスプレーは、髪の熱ダメージを防ぎ、健康的な髪を維持するのに役立ちます。

外ハネスタイルを長持ちさせるには、スタイリング剤を上手に使うことも大切です。スタイリング剤は、髪にホールド感を与え、外ハネをキープするのに役立ちます。ただし、スタイリング剤を使いすぎると髪がベタついたり、固まったりするので、適量を使用することがポイントです。また、スタイリング剤を使用した後は、必ず髪をとかしてスタイリング剤を均等になじませましょう。

「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」を美しく保つためには、「お手入れ方法」が欠かせません。適切なお手入れを行うことで、髪のダメージを防ぎ、外ハネスタイルを長持ちさせることができます。日々のヘアケアを丁寧にを行い、健康で美しい髪を維持しましょう。

「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」のスタイリングには、髪質や顔型、長さやレイヤーといったさまざまな要素が影響します。また、スタイリング剤やアイロンの温度や角度、ブローの仕方や仕上げのワックスなど、スタイリングの手順も仕上がりを左右します。お手入れ方法を適切に行うことで、髪のダメージを防ぎ、外ハネスタイルを長持ちさせることができます。

「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」は、モードでスタイリッシュな印象を与えるヘアスタイルです。スタイリングが簡単で、朝の忙しい時間でも簡単に仕上げられるのがメリットです。また、髪質や顔型に合わせてさまざまなバリエーションを楽しむことができます。自分好みの「切りっぱなしボブ 外ハネ ストレートアイロン」を見つけて、毎日のヘアスタイルを楽しみましょう。


%e3%81%a1%e3%82%8f%e3%82%8f%20%e3%81%b1%e3%82%89%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%99
%e4%b8%80%e8%89%b2%20%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%aa%20%e5%ba%83%e5%a0%b4%20%e5%af%bf%e5%8f%b8
%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e4%b8%a1%e8%a6%aa%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a

ストレートアイロンでスタイリングしたあごラインの外ハネ切りっぱなしボブ ヘアスタイリング, 髪の長さ, 髪 カット
ストレートアイロンでスタイリングしたあごラインの外ハネ切りっぱなしボブ ヘアスタイリング, 髪の長さ, 髪 カット
ストレートで可愛い♪切りっぱなしボブ♪ 表参道・青山の美容院・美容室グループ KANOW GROUP
ストレートで可愛い♪切りっぱなしボブ♪ 表参道・青山の美容院・美容室グループ KANOW GROUP
ざっくりでこなれ感!切りっぱなしボブの簡単セット方法まとめ【HAIR】
ざっくりでこなれ感!切りっぱなしボブの簡単セット方法まとめ【HAIR】

SEARCH


CATEGORIES


YOU MIGHT ALSO LIKE